KADO HIDEHIKO

門 秀彦

かど ひでひこ/1971年長崎市生まれ。

絵描き/イラストレーター/グラフックデザイン/アートディレクション

企画デザイン/コラム、エッセイ/壁画、ライブペインティング他

 

手話をモチーフにした作品や、手話をする動物のポップなイラストが特徴的。「TALKING HANDS/HAND TALK」をコンセプトに様々な絵を描いている。

ろう者の両親をもつコーダであり、音声言語や手話では伝えきれない思いを表現するため幼少期から絵を描き始める。ろう学校で特別非常勤講師を務めたほか、全国で講演会やライブペインティングのイベントを行うことで子供たちに描く楽しさを伝え、聴者とろう者をつなぐことを目指している。

 

アニメ「キャラとおたまじゃくし島」(Eテレ、NHK総合)の共同原作・キャラクターデザインを担当。キットカット(ネスレ日本)ハロウィン限定パッケージ(2017年、2018年)企画デザイン。絵本「ハンドドークジラファン」(小学館)、NHK「みんなの手話」等のアニメ作品の他、宮本亜門、佐野元春、HY、大澤誉志幸等のアートワークを手掛ける。2009年より国内外の子どもたちと絵を描く活動をはじめ、世界でワークショップを行う。画集「HAND TALK」がゴマブックスより全世界64ヵ国にて配信中。

○ 著書

[RING BELLS](手話アートブック)(2002/ぶんか社)

[RING BELLS “BALLADE”](手話アートブック)(2004/ジャイブ株式会社)

[世界がこんなに騒がしい日には](自伝、エッセイ)(2004/ジャイブ株式会社)

[1+1=1](絵本)(2012/NPO法人地球兄弟プロジェクト)

[HAND TALK](手話アートブック)(2013/ゴマブックス)

[ハンドトークジラファン](絵本)(2016/小学館)

[カタカタのてとてでおしゃべり](指人形付き絵本)(2019/主婦の友社)

 

○ 絵・個展

独学で絵画、グラフィックデザインを学び、1996年よりBEAMS B-Gallery等で個展活動を始める。

2007年スターバックスコーヒー(東京銀座マロニエ通り店、長崎夢彩都店)にて

[VOICES FROM THE HEART]門秀彦アート展開催。

 

○ Tシャツデザイン

1998年よりT-SHIRTSブランド"RING BELLS" を発表。

BEAMS他セレクトショップにて全国展開。

[TALKING HANDS OKINAWA ](沖縄DEPO)、[BUZZ BUZZ TALKING HANDS](ドンキホーテ)

 

○ その他   

2005年7月から2007年3月まで特別非常勤講師として

埼玉県大宮ろう学校で絵の授業。その他、武蔵野美術大学等で特別課外授業や講演などを行う。


NHK「みんなの手話」(2007年シリーズ~)では
アニメ作品を企画、作画を担当。
同テキストブック(NHK出版)では表紙イラストとページデザイン。

2007年、音楽チャンネル"スペースシャワーTV"の番組間で放送されるCMにて
Hand Talk / Snap Talk 2作品のアニメーションをプロデュース。

© 1999-2019 KADO HIDEHIKO

ジラファンの絵本を発売しました。

1/1
Please reload